ブログ

熱き想い(テーピングで日本の五輪選手を支えているようです)

2018年02月21日

PCの不調で長らくブログUPできていませんでした。申し訳ありません。

さて、早速本題に入りますが、平昌(ピョンチャン)オリンピック!小平さん500Mでの金メダル獲得、おめでとう!

実は、彼女たちの膝や股関節をしっかりさせているテーピングは私が考案した「スターテープ(テイコクファルマケア製で1枚400円)」のようです。なぜなら、昨年夏ごろのオリンピック強化合宿時に小平さんなどが、ひざに貼って筋力強化メニューをこなしていたのが、私が考えた「スターテープ」だったからです。

遡ること2年半くらい?元のお仕事の関係で、親会社の帝国製薬さんとのお付き合いがあった関係で、ご縁あって帝国製薬の子会社である、テイコクファルマケアのテーピング開発に参加。形状や素材から使い方まで、色々なアイディアを出し改良しました。テイコクファルマケアHPのスターテープの紹介に私の紹介も少し記載があります。

最初はひどくて、糊(のり)はベトベトだし、通気性は最悪。おまけに繊細なアスリートが嫌う「分厚くてごつい」感じのするテーピングで、貼るとすぐに剥がしたくなるくらい重くて、貼ると逆にしんどくなるような重厚感しかないテーピングでした。

最初聞いたときは、「膝(ひざ)関節」のテーピングを考えて欲しい」という事だったので、膝(ひざ)は膝窩(しつか)という膝(ひざ)裏のくぼみに貼る「膝窩筋テープ」をイメージしていたので、膝窩(ひざ裏のくぼみ)に貼ったら、その瞬間から膝裏に異常な圧を感じ、貼ると膝裏(ひざうら)が重いというか、しんどくなって仕方ないという最悪な使用感でした。

そこで探してもらった素材が全方向に伸びる薄くて丈夫、しかも軽くなったテーピング。もちろん、見たこともないけど、製品メーカーの立場に立ってみると、どう考えてもコストがかかりすぎる感じ。

しかし、テイコクファルマケアさんの判断は「これでいきます。」ということで、通販限定販売商品にして、4枚入り1,600円(税別)という使い捨てのテーピングにしては、かなりクレイジーな高額商品でした。

ただ、テイコクファルマケアといっても母体は病院に「モーラステープ」を大量に納入している帝国製薬。「ゆっくり育てます」という言葉通り、サンプリングなど行ってドンドンその名を拡げています。

実際に、今回のピョンチャン五輪の日本代表合宿にも大量の「スターテープ」のサンプルを持ち込んで、代表候補選手にドンドン貼ってもらっていたので、NHKのニュース動画などに映っていました。

そんなこんなで、情報収集していないので、いまは確信が得られていないし、後日談でしか分かりませんが、小平さんや高木さんの股関節や膝関節や腰などを支えていたのは、テイコクファルマケアのスターテープという高性能テーピングを通して、「みんなの役に立てる治療家になりたい!」「効くテーピングを貼ってアスリートの成功を補助してあげたい」という私の熱い思いが、また一つ実ったかもしてないと勝手に思っています。

確証が取れていないので、100%本当でもないですが、100%ウソでもないので、後日談を楽しみにしています。その確証が取れたら、またここで紹介するかも知れませんので、少し期待してお待ちください。

もちろん、私は「治せる治療家」を目指してきたので、メインテクニックのアクティベータ(米国製カイロ器具を使ったソフトだけど結果はシャープなカイロプラクティックテクニック)を使って矯正するだけでも、かなりの症状が改善させられますので、テーピングは「軟部組織(筋肉や腱など)損傷(伸ばしたり切ったりすること)」など、よほど必要性が高いときにしか使用しませんので、ご安心ください。

アスリート以外にテーピングを貼ることは、ほぼありませんので。

では、まだ続くピョンチャン五輪での日本人選手活躍を応援しましょう!

熱き想いを!!届け!!ピョンチャンへ!!ファイオー!!img_0997

   

ページトップ