ブログ

横綱の腕のケガ

2017年03月29日

img_0216

2場所連続優勝おめでとうございます!!

ところで、中継を観ていないのですが、アナウンサーなのかテレビのニュースで言っていたのか分かりませんが、1~2日で60%の回復!!驚異の回復力!!と言っていたアナウンサー?キャスター?がいたそうです。

チラッと見た腕の内出血・・・あれは骨折ではないそうなので、一目で「筋肉か腱(けん)の断裂と同時に血管の損傷が起き、それでできた内出血」だと分かります。

 

上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)だから俗に言う「二の腕」とか「力こぶ」のところですが、あそこにあれだけの出血したものが溜まるのだから、ソコソコの血管の破損でしょう。

まぁ、普通に考えて肉離れなどは30日とか40日かかるので、2日で60%の回復などということは絶対にあり得ませんね。大ケガなら60日くらいかかるかも知れません。

それにしても、相変わらず大相撲にはキネシオテーピングを正しくできるトレーナーが居ないのも、あのテーピングを見て分かります。

たぶん、どちらかというと日本のトレーナー協会系のトレーナーさんとかが貼る感じで、貼るとかでなくて、「巻く」とか「引っ張る」という意味合いが強い感じです。

日本のトレーナーの協会などは、ホワイトテープをよく使ってきたのですが、最近はさすがにホワイトテープではないにしろ、この手の「バンテージテープ」のような、ごっついテーピングを使っている感じで、そちら系のトレーナーが貼っているのだろうなぁと想像できます。

でも、余計なお世話ですが、苦労してきた横綱なので、本当のキネシオテープと本当のキネシオテーピング法でテーピングしてあげたいなぁ!!って思ったり。

力士さんだけでなく、スポーツのケガ・スポーツ障害、成長痛なら高松市栗林町の整体院ほほえみまで。

お待ちしています!!

   

ページトップ