ブログ

悔しい!高校野球部のフォローでも、明暗くっきり(--;

2017年03月16日

今年も「センバツ高校野球」の季節がやってきた!

残念ながら、去年の準優勝校も四国大会で敗退。春の香川県大会に向けてがんばっていた。

さて、当院のアマチュアスポーツサポートは「年数回」または「月1回」程度で、それさえも学校行事などで事情があってできないこともあったり。

今日は、センバツには出場できなかった香川県内の強豪校を含め現在2校あるフォロー先について。

どちらも名門高校野球部だが、去年の年末から「故障者が多い」というので、フォローすることに。

東の名門は「他県の甲子園常連校と2VS2で引き分けた」というくらい、6人くらい居る投手陣の躍進がチームを活気づけている。

高松の名門は「キャプテンが膝(ひざ)関節の脱臼骨折で入院」「エースは肩関節包に水が溜まる故障で外野しかできない」などなど。

特にエースは前回3回目?の学校訪問時にも「前日病院で検査してきた」「試験勉強」などで1~2回しか整体できていない。

最初の整体で「遠投したら腕が抜けそうだったのが、治った」とは言ってくれたが、それから肩痛を抱えたまま施術させて貰えていない。

なかなか親の時代から施術していたら、信頼関係もあるのだが、彼らの親世代は我々だし、脱サラ治療家12年くらいのキャリアでは、まだ信頼関係が・・・くうぅ~っ!もっと頼ってくれよ!と思う歯がゆさがあるのですが、春の大会前日の今週日曜の朝に行って調整することになりました。

この窮地を救いたい!と精一杯頑張ってきます!!

   

ページトップ