ブログ

同業者様へ!接骨院の健康保険・自賠責保険取り扱いが残り2年!?みたいですよ!

2016年09月13日

業界の情報をよく知ってる方2人からの情報です。別々に聞いたお話しですし、別のルートに情報源をお持ちの方のお話しですので、たぶん間違いないでしょう。

2人ともほぼ同じ内容でしたので、下に書いてみます。

~当院の意見~

(接骨院の健康保険取り扱いについては「急性期と亜急性期の外傷性などのケガ・ねんざに限る」という原則があるのですが、現実は正反対で「慢性期8~9割、急性期1~2割」でひどければ「ほぼ慢性期の肩こり腰痛マッサージ店」みたいになってます。

今のこのご時世だから、さすがにもう皆マッサージ店みたいなことしてないだろう!?って思いますが、現状は「マッサージ店」のほうが多いようです。

~2人から教えてもらったことをぼくの言葉にして説明~

このような状況なので、仕方ないとは思いますが、柔道整復師の健康保険扱いは今年の療養費改正でも厳しくなるはずですが、次回2年後には「健康保険の取り扱い自体を中止する」という厚労省の動きが(たぶん医師会などの圧力がかかったので)あったのですが、さすがに全部取り上げれば、凄まじい勢いで接骨院がつぶれるので、健康保険の取り扱いも少しだけ残して(例えば2部位目から数十%逓減する)などして、保険から出る金額を極端に少なくすることもを考えているんだそうです。

あと、交通事故の「自賠責保険」は2年後に柔道整復師には取り扱いさせない!という方針が決定しているようで、損保会社から相当の圧力がかかったようです。これも、現状を考えれば当然だと思います。

以上

これぞ30年分40年分の究極の「自業自得」なんでしょうが、うちも健康保険の取り扱いを辞退して3年半以上経ちますが、経営は非常に大変になります。早めの対策も結構ですが、あまり早く自由診療だけにしようとすると、大ケガをしますので、ご注意ください!

   

ページトップ