ブログ

頚椎(首)の左側だけが太いおじいちゃん(^^;

2016年08月04日

数年前に頚(くび)の左側がウイルス性で腫れたというおじいちゃん(72歳)。今も胸鎖乳突筋が右に比べて10倍くらい太くなっていて、「左に向きにくい」のと「下の方が見にくい」という。

奥さんの膝痛、坐骨神経痛、腰痛が3回の通院で驚くほど快調になったのを見て、送迎してくれていたご主人がバトンタッチで来院されたのです。

他に「しばらく座っていて立とうとすると、急には腰が伸びないからジワジワ立つようにしているほどの腰痛」と「坐骨神経痛のような太ももから腓骨神経に向けてのあたりが両脚ともしびれたり突っ張る」というもの。

大きな病院で検査したら「脊柱管狭窄症」だと言われたそうです。

今日の施術後は「腰がピンと伸びたし、左の胸鎖乳突筋も右とほぼ同じ程度になったおかげで、顔が左に向けるようになったし、モノを落としても下にも向けるから、楽になった」という感想でした。

奥様よりかなり症状がキツイですが、何とか治ると思います。さて、手ごわいですが「マジメに治るまで来たら治るよ」ってことです。

このレベルが5回いや10回まで・・・かかるか、かからない程度だと思いますが、それくらいで治れば安いものだと思います。この機会にちゃんとがんばって治しましょう!

   

ページトップ