ブログ

甲子園準優勝校のエース

2016年07月27日

今年の春センバツ高校野球の甲子園準優勝投手が「夏の県予選」でほとんど投げず、決勝戦で敗退。

うわさ通り「イップスなの?」って思っていたら、翌朝の新聞記事を読むと「腰痛」だったそうです。

実際は野球の投手に多い「肩関節痛」とか「肘関節痛」だったのかも知れませんが、今後の進路にも影響が出る話なので、完全オープンにしないでしょうけど、新聞報道だと「腰痛」でした。

他の野球関係者によると「腰の疲労骨折」だったという話もあります。ということは「腰椎分離症」か「腰椎分離すべり症」でしょう。

本当に勿体ない。なんでうちに来なかった!と思っている治療家も多いと思います。わたしもそう思った一人です。

キネシオテーピングで腰椎ヘルニアだろうが、腰椎分離症・腰椎分離すべり症であろうが(わたしも同じ症状を持っているので分かりますが)投げることはできたはずです。

逆に、彼が(どこに付いてたか知りませんが)通院していた治療院の先生は「すまなかった!」と思っているハズですから、他者が非難すべきではないでしょう。

こういった時に「お金儲けで整体しているんじゃない!」と改めて思います。家族の治療とかも同じです。だからこそ、日ごろから「全員に全力で」を習慣にしておく必要がありますよね~。

相手が老人や子供であろうが、「これで歩けなくなったら」とか「仕事(やスポーツ競技)など辞めたら大変」とか思いながら、「この故障やケガが治らなかったら・・・この人の人生がかかっているんだ」と日ごろから思って施術してないと、「ここ一番」で自分の技量のなさ、不甲斐なさに自分が打ちのめされることになるかも知れません。

私は誰が相手でも手抜きはしません。老人であろうが、幼児であろうが。

お困りのかたは当院まで。本気で施術しています。

香川県高松市栗林町2丁目16-17
整体院ほほえみ 院長 西本数孝
080-3926-0100 まで

   

ページトップ