ブログ

靴ひもの通し方(四国新聞より)

2016年05月09日

IMG_3521[1]

拡大できるかたは原文をお読みください。

私もこの歳になるまで、ハッキリとは知らなかったので、ご紹介します。

記事によると、ひもを通す際に裏(下)から表(上)に通すと「フィット感重視」になるそうです。

逆に表から裏に向けて通すと、緩みにくくなりカッチリするようです。

ちなみに私の場合、よく知らず「感覚」で「野球のスパイクやランニングシューズは裏から」で「(野球引退後からは)遊びに行くときのスニーカーは表から」ひもを通していましたが、大体これで良かったのかな?と思います。

あと、この記事に「スニーカーの一番上に連続して空いている穴の使い方を書いてくれていますが、この穴を使っていた人は見たこと無いですので、本当に勉強になりました。

「物事を知っている」と「知らない」では大きな差が出ますね。

また、「治療家としての、更なる(努力と)勉強しないと!」と思わされる記事でした。

これ以上のことをして、経営が成り立つのか?と心配にもなりますけど。

善通寺でカイロプラクティック治療院をしていたときに使っていた「駐車場位置用の看板」を再利用しようと、2枚の看板にマスキングテープを貼りました。

明日、ペンキを塗ったりして設置する方法を考えます(^^)

 

   

ページトップ