ブログ

四十肩・五十肩でご来院のBさん(丸亀市)

2015年10月13日

前回は夏場に「ヒザ痛」で来て頂いたBさん(60代女性)。

「あのとき何回来られました?」って質問したら「2回で治ったから

そのあとは来てないよ。」というお答え。

「そうですか・・・通りで。」

「私は良かったけど、先生は儲からんわな~。」

「はい、よく言われますね。」

・・・・で今回の四十肩?五十肩の前兆は前回「膝(ひざ)痛」で通院していたときに

既にあったそうで、それから3ヶ月くらいかけて完成したようなので「まぁまぁ難しい

部類の四十肩、五十肩」の感じでした。「腕がシビレているので、車の運転にも

支障が出ている」そうで辛そうでした。

先ず、この近くのMクリニック(整形外科)の診断と治療は・・・

肩にCaが溜まっていて、それを消す薬を処方され、服用しているそうですが改善は

無いそうです。

施術前に検査してみると・・・

前方への拳上が40度。横への拳上が

80度。後方への伸展(拳上)が10度くらいでした。

こんな状態なので、トイレも腕が痛くて大変なんだとか。

頚椎(首の)ヘルニアの場合、仰向けで寝ると「ジーン」と腕にシビレが出るため、うつ伏せで

施術開始するのですが、仰向けにもなれたので、施術自体はやり易かったですね。

今回1回だけ施術した後の検査で、前方170度。側方も同じ。後方45度くらい

まで改善したので、3日くらい自分で腕回し等をして治ってなければ、また来て

ください!という感じで終了。

「私なんか、ココで膝でも肩でも、何でも治してくれると思って来てるけど、ホンマにこれで治ったら

儲からんわな~。近くの接骨院にも1回行ったけど、辛抱して明日もきなよ!と言われたから、ぞっと

して直ぐ行くのを、やめたんやで。」と笑いながら帰って行かれました。

「どこよりも腕を上げて、みなさんに笑顔で帰っていってほしいから「ほほえみ」の屋号にした」ので、「治すこと」

「治ること」は善だと思って突き進むしかありませんね。

これからも、まだまだ頑張りますよ~!!

   

ページトップ