ブログ

中学1年生が腕の骨を折る「運動会のピラミッド問題」

2015年10月01日

まだ記憶に新しい「サッカーWC」のネイマール選手(?)の脊髄(柱)損傷。

相手選手の膝蹴り(反則)によって負傷したのですが、あれだけ鍛えているワールドクラスの選手ですら、「あの程度でそんなになる?」みたいな信じられないケガを負ったのです。

今回の事故報道で「10段ピラミッド」を見ましたが、全然じっとしてられない・・・体力に見合ってなくて、教員側の考えが「チャレンジさせたい」とか報道されていますが、ちょっとひどすぎます。

現在「組体操」の倒立が体力不足できちんとできず、それでも練習を何度も先生から強制されて、最後には頭から落ちてケガをした小6の女子生徒さんが来院中ですが、交通事故のムチ打ちのようになっています。

我々のような中年以降のおじさんがやったら、間違いなくケガをしますし、中学生とて骨もまだ軟らかく、競技者としても、人間としても将来があるひとばかりなので、是非「3~5段」くらいのピラミッドにしてあげてください。

最悪、半身不随なども有り得ますので、体力の無い中学生に10段ピラミッドさせるなど、本当に危険なので、やめて欲しいと思います。

   

ページトップ