ブログ

野球少年Iくん(中1)

2015年06月13日

右肩が痛い(野球肩)のと肘も少し痛い(野球肘)というので、前回1週間前に施術し「少し痛みが楽になった」という2回目の来院。

前回「右を下にして寝てるやろ」ときいたら「そうです」。

先に断っておきますが、この野球少年は「右利き」ですが別に「右肩を突き込んで関節を痛める」とかという単純な話ではありません。もちろん100%無関係でもないですが、要素としては1割以下で、最初に診るところではありません。

それはさておき、今回もIくんに「まだ右肩を下にして寝てるのが分かるような、そういう骨になってるで」と言ったら不思議そうな顔をしていましたが、それはすぐ分かります。

逆にそうなってるのが分からないなら、野球肩や野球肘が治せないのです。

今回も右下にして寝てた骨格が完全に戻っていなかったから、施術によって正しい位置へ矯正しました。

「痛くなくなった」というので、終了。

今回も「まだ当分は右を下にして寝たらいかんで」と言って帰ってもらいました。

   

ページトップ