ブログ

どうしても治らなかった「頚椎症」由来のシビレや痛み症状や五十肩(^^;

2015年05月18日

一方ばかり向いて、しかも高い枕で寝ていたとかいう「頚(くび)」を悪くして発生する、「頚椎症」が原因の腕のシビレ・痛み、五十肩から耳鳴りやめまいまで・・・

そんな中に「さるの腰かけが生えたのか?」というくらい頚椎の間の椎間板など軟部組織が一方に飛び出ていたり、触診しただけではハッキリ分からないくらいなのに、異常に腕が上がらないほど悪症状が出ていたり。

そんな「今までなら、数回くらいの通院では、とてもとても劇的な症状改善できなかったもの」でも、最近は少しずつ「即効性」が出る施術が出来始めた気がします。

理想は交通事故など強大な外力によるケガ以外は「何でも5回以内に治す!」のが目標ですが、そこまでいけば、そこそこ重症であろうが90%以上のものが1回2回でよくならないといけません。

まぁ、自画自賛するようなレベルではないのでしょうが、最近は入口くらいまでは成長できてきたような、そんな気がします。

日々、謙虚に「お客様目線」で精進するだけですね。

「王道に近道なし」です。

   

ページトップ