ブログ

常識が非常識に!というTVが多いですね(^^;

2015年04月15日

1ヶ月サボってました。申し訳ありません。

言い訳はせず、素直にお詫び申し上げます。

今日からは、毎日のように情報発信したいと思っています。

さて、今朝も番組宣伝で「あなたの常識が覆る」みたいな振れこみの特番だか何だかの予告をしていたような気がします。

この手の話は沢山あって、「傷は消毒したらダメ」とか「傷は乾かすより、湿式の方が治癒が早い」とか。

つい先日もここにUPした「運動前にストレッチするとパフォーマンスが落ちるどころか、ケガの元になる!」ってやってましたが、キネシオテーピング協会会長「加瀬建造D.C.」は10年前に著書の中で、情報発信しています。

あと、健康番組を見ていたら「ふくらはぎをもむのが流行ったけど、あれはあまり効果が無くて、足首の関節を底屈(背伸びするようにする)とふくらはぎが第二の心臓の役割をきちんと果たす」とか言ってましたが、「そうだろうなぁ。」ってドクターの発信してきた情報を違うドクターが否定するのを目の当たりにして、思わず笑ってしまいました。だって、あれって本にもなってたし、おまけに私も買ったし(^^;。

結局何が言いたいんだ!と言われたら、「接骨院や病院、リラクゼーションの店などで、マッサージや慰安行為と思って受けている施術や治療でカラダを硬くしたり、悪くしていることが非常に多い!」ということです。

つい数日前も「明らかにマッサージを頻繁に受けている」初老のかたが「前を通りかかって」と自家用車でご来院。どう考えても当院の前を車で通りかかって、予約して来院されるかたでも見つけられず2~3回通り過ぎるくらいなのに、何となく入ってみようかと思う方は居ないので、苦笑いでした。

おそらく同業者などの家族とか、治らないならほほえみに行ってみたら?と聞いてきてくれているのではないかと思うのですが、ネットで調べたでもなく、人に聞いたでも無いとおっしゃるので、そう言うならと何も追及せずに施術しました。

マッサージを長期間やってもらっているかたの筋肉は「硬くて薄い」って感じで、肩から背中にかけての筋肉がふんわり膨らんでないといけないのに、干したするめのようにカチンカチンになっているので、直ぐに分かります。

結局、相当ラクになったようで、笑顔で帰っていきましたが、この手の筋肉は痛んでいるので、おそらく元はちゃんとした筋肉だったはずですが、その元のふんわりとした筋肉になるまで半年、いや1年とか相当な期間が必要になる気がします。

こういう治療院依存症的なかたなら1ヶ月に1回でも来て頂き、1年後くらいには2ヶ月とか3ヶ月、ゆくゆくは6ヶ月に1回で楽になるようになった!などと「治療院依存症からの脱出」をさせてあげたいのです。

でも、こういう方に限って500円以下の治療代しか払ってきてないのがほとんどなので、当院の5,000円とかの治療代を払うのがおっくうになっていると思います。

今日の当院からのメッセージは「筋肉を無駄に揉(も)んで柔らかくなることはなく、カチンカチンになるだけですよ!」ということです。

無意味な治療もどきの行為は元より悪くなるだけです!お気を付けください!

 

   

ページトップ