ブログ

続)私のギックリ腰

2015年01月22日

一昨日の右股関節のテーピングで「痛みがほとんど消えた」までは良かったですが、長時間座っていて立つと、やっぱり腰が伸びにくく、痛みも1~2割程度は残っている感じでした。

そして、昨夜ラストのお客様の施術で目が覚めました!!

今朝、ギックリ腰になり夜までがんばったという50代の女性。私がやってもらった同様、一通りの施術を受けたあとも左側の起立筋がカチカチで、痛みもまだまだ残っていました。
そこで、「キネシオテープ貼っていいですか?」と尋ねたら「OK」ということでしたので、筋力をチェックするため寝転んでもらって行うテストはお互いに面倒だと判断し省略して、エネルギー判定の結果、カチカチの筋肉ではなく、反対側の右起立筋にテープを一枚。ここの「反対側」というのがポイント。不勉強な先生は筋肉のテストもできなかったり、「筋肉がカチカチになっているのだから、ここに貼っちゃえ!」的なテーピングの使い方をされることが多いから、世の中の人は「テーピング貼ってもね~。」と思っているかたも多いのです。

話をもどしますが、そのテープを1枚貼っただけで・・・その次の瞬間に立っても「あっ、痛みが楽になった!」というお客様。そして、その笑顔が間近で見れた!!これぞ「ほほえみ」の屋号をつけた私の歓び!!こうなる院を!!とがんばってきた、本当の目標だったのです。

最後のお客様を見送ったあと、自分もエネルギーで判断し、セルフで左の起立筋にテープを一枚貼ると・・・「これこれ!!本当に痛くない!!これぞ、キネシオテーピング協会公認プロの貼るキネシオテーピング!!最初の2~3年はキネシオテーピングだけでやっていたからこそ、この結果が出せる!」とにんまり。

そして「やはり、かぶれ等のトラブル防止など様々な理由で、なるべく使わないようになってきていたが、やはりお客様の声をしっかり聞いて判断するべきだ!!」と再認識しました。

無痛カイロもスゴイですが、キネシオテーピング法もスゴイ!!昨夜ラストのお客様と、私にセミナー等で指導頂いた、諸先輩先生に感謝!!の一日でした。

「ありがとうございました!」

   

ページトップ